繰り返される交通事故

交通事故を起こす人には、ある決まった傾向性があることをご存じでしょうか。
確認ミス・注意力散漫・脳の病気、教習所で習ったような正確な運転技術と速度を守っていれば、事故は起こさないはずなのですが、交通事故は多いです。
慌てていた、雨で見えなかったなど理由はそれぞれですが、慌てていた時の自分の行動の傾向性、見えにくい時の運転対策などを自分なりに講じないかぎり、また繰り返し事故は起こります。
最近はヒヤリハットという言葉も一般的に浸透してきました。
交通事故のみではなく、様々な現場での失敗を失くしていくためにも、ヒヤリハットのあった時には、問題の分析、原因、解決策を考え、事故防止に繋げてほしいものです。